うさぎの食性

うさぎの食性と食事

食事の量と与える回数
成長期のうさぎ(6ヶ月未満)には、牧草とペレットフードを食べるだけ与えてください。成長期にフードの制限をすると栄養を充分に取る事が出来ず体の成長に悪影響を及ぼします。 また、色々な種類の乾燥、又は生の野菜や果物等のおやつを適量与えてください。子供の時に色々な食物を食べさせて、味や食感に慣れさせておく事で大人になってもバラエティー豊かな食事を取らす事が出来ます。 また大好物なものを探しておいてあげると病気になった時に助かります。 大人になったうさぎには、成長期の子供のように無制限にペレットフードを与え続けると間違いなく肥満してしまいます。 ペレットフードは、体重の3~5%程度の量を目安に与えます。ただ、ペレットの量を減らしていく時には、少しずつ時間をかけうさぎの体調を見ながらにしてください。 大人のうさぎの主食は、ペレットフードに変わってチモシー等のイネ科の牧草になります。新鮮で良質な牧草をいつでも好きなだけ食べられるように与えてください。 食事の回数ですが、1日1回でも2回でもかまいません。基本的には夕方から夜や明け方にかけて活発に行動するうさぎにとっては、この時間帯に食事を与える方が生活パターンに合っているといわれています。 ただ飼い主さんの生活パターンに合わせてもらってかまわないと思います。

ペレットフードの選び方
ペレットフードは、非常に沢山の種類があり値段も様々です。 主原料である牧草がアルファルファかチモシーの違いの2種類あります。一般的にアルファルファ主原料のものは、タンパク、及びカルシウム量が高く成長期用として販売されているものが多いです。かつてはアルファルファ主原料のペレットフードが主流でしたが現在では、チモシー主原料のペレットフードが主流になっています。 また、チモシー主原料のペレットフードでは、ライフステージに合わせて(年齢に合わせたもの)、成長期、維持期、シニア期用等に分けて販売されているものもあり、それぞれに合った原料を加え機能性と特質をもたせています。 どのペレットをうさぎにあげたら良いかは、うさぎの年齢や体調に合わせて飼い主さんが選んであげればよいかと思いますが、なるべく高品質で新鮮なものを選ぶ事も大切です。 また、ショップ等でアドバイスを受ける事もお勧めします。

牧草の選び方
うさぎに与える牧草には、マメ科とイネ科の牧草があります。 マメ科の牧草はアルファルファですが、タンパク質とカルシウムが多く成長期のうさぎに適した牧草ですが大人になってからは、おやつ程度に小量を与えることにとどめてください。 一方イネ科の牧草の代表は、チモシーで繊維質が豊富で低タンパク、低カルシウムのためうさぎに適した牧草です。 チモシーには、刈り取った時期により1番刈り、2番刈り3番刈りまであり牧草自体の柔らかさや栄養価に違いがあります。1番刈りが最も茎が太く硬めでタンパク量も少なく2番、3番になるほど柔らかくタンパク質量も多めになります。うさぎには、繊維質が最も多い1番刈りを食べてもらいたいのですが柔らかい牧草を好む子には2番、3番刈りを食べさせても問題ありません。 他にイネ科の牧草には、イタリアンライグラスやオーチャードグラス、オーツヘイ等があります。チモシーを中心に色々な種類の牧草を食べさせてあげる事が理想的です。

参考資料:ジェックス株式会社

小岩ペット 最短お届け
小岩ペット お得な送料
小岩ペット 最短お届け
小岩ペット 最短お届け
定休日は
祝日を除く毎週水曜

第1、第3日曜日

商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 日曜・祝日
  • 定休日

通販部の定休日は水曜及び第1第3日曜日とさせて頂きます。お電話での注文・お問い合わせ・発送業務はお休みとさせていただきます。
水曜が祝日の場合は営業。翌平日は代休になります。

各メーカーのホームページ
あんしんクレジット決済システム
メールが振り分けられてしまう場合

ページトップへ