フェレットフードの選び方

フェレットフードの選び方・あたえ方

フェレットは食事をしてから消化器官が短いため食べ物は約4時間で排泄されます。消化時間が非常に早いため消化吸収の良い栄養源が必要になります。 
完全肉食動物のフェレットは、良質の動物性タンパク質、動物性脂肪の多いフードがおすすめフードになります。
タンパク質は、筋肉や臓器のほかにホルモンや酵素の材料になるなど生きていくために欠かせない栄養素です。脂肪も活動に必要なエネルギー源で必要不可欠な栄養素です。
その動物性タンパク質と動物性脂肪がどの原料に由来しているかがフード選びの大切なポイントになります。

フェレット 解剖図

【フェレットフードの選び方】
フェレットの健全な成長に必要不可欠なのが、動物性タンパク質です。動物性タンパク質はアミノ酸で構成され、体内で生成されない多くの必須アミノ酸を多く含みます。低タンパクな食事を続けると、筋肉を減らし体重が低下してしまいます。
また植物性タンパク質は必要とせず、あたえ続けると、フェレットの成長過程で必須なアミノ酸類を摂取できず消化不良などの健康障害をおこします。また尿石症の原因になることも報告されています。
人間は動物性タンパク質と植物性タンパク質をバランスよくとることが大事ですが、独特の消化器官を持つフェレットは植物性タンパク質を分解する酵素を持っていません。
炭水化物も必要とはせず、炭水化物の量が多いフードをあたえつづけると、必要なタンパク質や脂肪の摂取量が低下してしまいます。タンパク質と炭水化物の関係はシンプルです。一方が上がると、もう一方が下がります。フードの中にタンパク質がより多く含有されていれば、炭水化物は必然的に少なくなります。肉食動物のフェレットにとって、タンパク質が必須であると同時に炭水化物は、栄養価を少しも提供しない成分になりなす。たとえば安価な炭水化物が多く入ったフードをあたえると、消化吸収できないため排泄する便の量が増えてしまいます。炭水化物を過剰にあたえ続けると血糖値を急上昇させ、脂肪の蓄積を増やします。合併症の原因にもなります。またインスリノーマの発病が増加するという報告もあります。
※インスリノーマは、中高齢期のフェレットに多く見られる血糖値が低下する疾患症

完全肉食動物であるフェレットは、良質の肉原料の含有量が多いフードがおすすめになります。肉の含有量が多いフードは、主原料(第1原材料)はもちろん第2、第3、第4原材料までも肉原料になります。第1原材料が肉原料でも、他の原材料穀物類の種類が多いフードもありますので注意してください。
フェレットフードの第1原材料は、鶏及び鶏副産物のものがほとんどだと思います。鶏肉は、高タンパクでアミノ酸をバランスよく含むタンパク源です。消化吸収率が高くビタミンAが豊富に含まれています。また新鮮な鶏肉は、フェレットのエネルギーになる動物性脂肪、必須脂肪酸(タウリン、オメガ3、オメガ6)を多く含みます。


副産物、ミールは品質の悪い原料と言われることがありますが、鶏副産物である内臓肉、レバー、血液、骨、羽(フェザーミールと書かれている場合もある)は、優れたタンパク質源になります。フェレットのような肉食動物は自然界の中で内臓肉ごと補食しバランスをとって生活をしています。衛生的に処理された肉でも副産物と書かれることもあります。副産物の内容に関しては各メーカの判断、信頼性になりますが、細かく詳細が書かれていないのが残念です。
またミールというのは細かくした肉を意味する言葉で、それ自体が悪いものを使用しているということではありません。優良なペットフードでも、チキンミール、鳥肉粉、乾燥鶏肉などの表記で使われています。
このようにフェレットフードは、高タンパクで消化吸収のよい鶏原料を第一原料に使用しているフードがほとんどです。また、七面鳥、あひるなどの原料を使いアレルギーに配慮したフードもあります。特長、成分、原材料を見ながら参考にしてください。

【シニアフードについて】
一般的にシニアフードといえば、低タンパク、低脂肪のフードが多いと思います。現在、欧米ではその考え方も変わりつつあります。シニアのフェレットにタンパク質の摂取量を減らすことはかえって有害だと言われるようになってきたからです。
それは、シニアのフェレットでも健康を維持していくには、十分なタンパク質を摂取することが重要であると考えるようになってきました。欧米では低タンパクなシニアフードの販売をやめるメーカーもあります。
高齢になり消化吸収率が衰え、タンパク質分解代謝が衰えたフェレットには、十分な良質なタンパク源が必要になります。シニアの子には、フェレットにとって一番大切な栄養素である質の高いタンパク質を十分にとる事が大切です。当店も
この考え方に基づき高タンパクなフードを中心に販売させていただいております。ただし高齢になり運動量がすくなくなったフェレットには低カロリー、低脂肪のフードがおすすめになります。食べ慣れているフードがある場合はフードローテションなどで工夫してみてください。また腎臓、肝臓などに病気がある子は、フェレットに詳しい獣医師さんにご相談することをおすすめします。

フェレットフード
フードの中には、原料の中にごくわずか、野菜・果物を含むものがあります。フェレットは食物繊維を分解する機能がほとんどないので、大切な栄養素の吸収の妨げになることがあります。しかし含有量も微量で、自然界でそれらを餌として食べでいる動物をハンティングするフェレットの歴史を考えてみてください。間接的にそれら(野菜・果物)を摂取することになります。もちろん健全な成長過程で必要なミネラルやビタミンなどを多く含みます。また繊維質にはスムーズな排便をサポートする効果があります。生の野菜や果物ではありませんので少量であれば特に問題はないと思います。

魚原料も、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)や、DHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含みます。オメガ3脂肪酸はフェレットの健全な皮膚や被毛、毛並みを維持するのに大切な栄養素になります。
必須脂肪酸とは、フェレットがどうしても外部から摂取しなくてはならない脂質のことです。

残念ながら栄養成分がいいのに、原材料がフェレットに合わないフードも見かけます。動物性タンパクの代わりに植物性タンパクを使いタンパク質の量を増やしているものや、動物性タンパク、動物性脂肪以外の原料、不必要な添加物を多く使用しているものは避けられた方がいいと思います。安価なフードは嗜好性を高めるため油オイルなどを使うことがあります。


ペット先進国である欧米でも、高タンパク、穀物不使用、低炭水化物のペットフードが増えています。
下の表は欧米のフェレットフードの内容を比較したサイトになります。緑色が動物性タンパク質(魚を除く)を、重要視していることがわかります。一番左側が第一原料で全て鶏原料になっています。
フェレットフード

簡単にまとめれば、フェレットフードは、
・動物性タンパク質、動物性脂肪のなるべく多いもの! 
・必要な栄養素は植物性タンパク質ではなく動物性タンパク質!
・不必要な穀物、炭水化物がなるべく少ないもの!(できればいらない)
・必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミンなどがバランスよく配合されているもの!
・合成保存料、抗菌剤、抗酸化剤を使用していないもの!

【高品質キャットフードの販売について】
日本でも欧米で も高品質なキャットフードをあげられてるオーナー様はたくさんいます。 現在でも欧米のフェレットのオーナー様も、フェレットにあった高品質なキャットフードは推奨しています。 日本にペットとしてフェレットが紹介されたのが20数年前くらいになります。フェレットの栄養学が確立されていないとき、ほとんどのフェレットフードは、高品質なキャットフードを研究参考にして作られてきました。当店で扱っている優良キャットフードメーカーは、 肉原料の含有量の多さ、 原材料の品質の良さ、グレインフリー、プロバイオティクスの 導入、スロークッキング(低温でゆっくり加工する方法)、自社工場での一貫生産など、目を見張るものがあります。当店では、いくつかあるプレミアムキャッ トフードの中から、フェレットの栄養学にあった良質な原材料使い、動物性タンパク質、動物性脂肪の多い高品質のキャットフードを販売させていただいております。
(※すべての高品質のキャットフードがフェレットに適している訳ではありません。) 
肉原料が多く添加物を使用していないフードは、無理な味付けをしていませんので急にあたえても食べてくれないときがあります。その時は少しずつあたえる量を増やしたり、バイトを少し混ぜるなど工夫をしてみてください。

【フェレットフードのあたえ方】 
フェレットは偏食な子が多く、食べ慣れた餌を急に食べなくなる子がいます。輸入フードも製造ロッドの違いで香りや味が変わることがあり、同じフードでも食べなくなる子がいます。また輸入フードは欠品する期間もあり、単品のフードをあたえている場合、他の餌を急にあたえても食べてくれないこともあります。できれば主食に決めたフードに1、2種類のフードを混ぜてあたえることをおすすめします。 やせている子には、高蛋白、高脂肪のフード。肥満気味の子には、低脂肪のフードを混ぜるなど工夫してみてください。好き嫌いもありますので、特長、成分を考えてサンプルで試してみてください。ドライフード中心の食事になるので、新鮮な水はたっぷりあたえてください。また嗜好性の強いバイト類を多くあたえると偏食になりますので、1日ティースプーン1杯ぐらいまでにしてください。 

フェレットが長く健康で生活するためには、食事フード選びが重要なのは間違いありません。フェレット自身がフード選びをすることはできませんので、飼い主がフェレットの為、ベストフードを選ぶことが大切です。
フェレットフードの選び方ですが、体調、年齢、嗜好性、好き嫌いもありますので、あくまでも参考までにしてください。無料サンプルもたくさんありますのでいろいろ試してみてください。
くれぐれも病気や疾患をもつフェレットは必ず獣医師にご相談ください。

※一部当店で扱うフェレットフードの中にもタンパク質・脂肪が若干低いフードもありますが、食いつきがいいので、餌を食べてくれない時などのフードとして販売させていただいております。 

小岩ペット 最短お届け
小岩ペット お得な送料
小岩ペット 最短お届け
小岩ペット 最短お届け
毎週水曜日は定休。
祝日の時は営業(翌日代休)

お知らせ

2018/03/16
究極の牧草 生イタリアンライグラス クール便配送始めました。

2017/12/16
【お届けの遅延について】
現在年末の繁忙期を迎え配送会社において物流量が多くなっています。地域によって日にち、時間指定をされてもお届けが遅れる状況が発生しています。ご迷惑をおかけすると共に、ご理解の上ご了承くださいませ。


商品カテゴリ

カレンダー
  • 今日
  • 日曜・祝日
  • 定休日

通販部及び店舗の定休日は水曜日です。お電話での注文・お問い合わせ・発送業務、店舗営業はお休みとさせていただきます。
水曜が祝日の場合は営業。翌平日は代休になります。

各メーカーのホームページ
あんしんクレジット決済システム
メールが振り分けられてしまう場合

小岩ペット 15周年
おかげさまで通販ショップは17周年を迎えることができました。ありがとうございます。

ネットショップ大賞

ネットショップ大賞

ネットショップ大賞

ネットショップ大賞

ネットショップ大賞

ネットショップ大賞

ネットショップ大賞

ネットショップ大賞

ネットショップ大賞

ネットショップ大賞

ページトップへ